活動日誌

岡山市北区に豪雨災害調査

8月9日、岡山市北区へ豪雨災害の調査。あまり報道されていないが御津町や牧山、玉柏、津高、法界院など広範な地域で家屋の浸水被害がおきている。深刻なのは床上浸水で畳から壁からかなりの修繕が必要なのに、被害…

岡山・広島(グループ補助金のレク)で活動しました

8月8日、広島・岡山を行ったり来たりの一日。午前中は岡山市北区で小集会と駅前での街頭宣伝。被災者へのお見舞いと願いに背く政治の転換を呼びかけた。夜は瀬戸内市で小集会。40代の子育て世代の皆さんとこれか…

核兵器禁止条約の批准を求める声に安倍政権は謙虚に耳を傾けるべき

73回目となる8月6日。あらためて被爆者から核兵器がもたらす残虐さをつきつけられた。そして核兵器は一日も早くなくすべきだという当たり前の願い、被爆者が安心して暮らせるよう必要な支援をという当然の要求に…

農業被害調査で真備町へ 小松泰信岡大教授とともに

8月3日真備町へ農業被害調査。「一年かけて育て、あの雨の3日後に収穫する予定で詰める箱まで用意していた」(ブドウ農家)「205万円かけて買ったトラクター含め農機具がほとんど水に浸かった。全部そろえなお…

岩国市でつどい2カ所開催~政治を変えんといけん~

8月2日岩国市へ。絶対に負けられない市議選を10月にひかえ、来年の参院選、県議選で大躍進をはたすため、今月は何度も来る。今日は大西明子市議の地元2カ所でつどい。松田一志県議予定候補も。全力疾走中の救援…

広島県庄原市で20・30歳代の青年が入党

7月30日、今月もあと2日。7月を終えるラストスパートで庄原市へ。20代、30代の女性お二人と職場の問題からこの国の未来について大いに語りあい揃って入党を決意。「『平和と民主主義を守る』って親も言って…

豪雨災害から3週間 この間の調査をまとめて赤旗にレポート

豪雨災害から3週間。 本日付しんぶん赤旗にレポートを書きました。 ========= 「家の二階まで水が来、一家全員で屋根にあがって救助を待った」「ゴロっと音がしたので急いで部屋を出たらその3秒後に土…

7月25日、砂川が決壊し2200軒をこえる浸水被害のあった岡山市東区平島地域へ。いまの国の支援制度ではこの地域のほとんどの世帯が住宅再建の支援が受けられない。生活再建支援法・災害救助法の拡充、実態に見…

山口県議団が政府交渉 西日本豪雨災害の機敏な対応も要請

7月24日には山口県の皆さんと政府交渉、経産省とはエネルギー基本計画と上関原発の重要電源開発地点指定について議論。「新増設は想定していない」といいながら、上関原発の重要電源開発地点指定の解除はおこなわ…

豪雨被災地を訪問調査 国や自治体からの支援強化に全力を

7月22日、 午前は三原市、寺田元子市議とともに木原6丁目へ。いまだに断水している地域で、宣伝カーに浄水場で入れてきた10リットルの給水パック20袋を積んで。寺田市議が「ボランティアです。飲料水をお持…

1 / 3712345...102030...最後 »