県別アーカイブ [ 広島 ]

呉市支援センターが開設 被災者訪問で要望を聞き取り

9月2日、呉市の共産党による被災者支援センターが今日から開設。組にわかれて天応地域など被災地を総訪問し、お見舞いとお困りごとなど伺いながら、支援制度を知らせるとともに制度拡充の力にしていく。私たちの組…

西日本豪雨災害で広島県地方議員と政府交渉

8月30日広島の豪雨災害問題での政府交渉。辻つねお県議、奥田かずお呉市議、土屋とものり福山市議ら地方議員の皆さんに、党広島県災害対策本部の高見あつみ本部長、田中かな事務局長とともに。今、各地でぶつかっ…

安芸区に被災者支援センター立ち上がる 災害調査は海田町へ

8月19日、災害対応も特別月間も全力投球、フル回転の一日。午前中は東広島市でつどい。被災されたお宅への支援制度のことから若者の働き方の問題、日本共産党綱領についてまで、お昼にちらし寿司も食べながら大い…

府中市で災害調査 復旧には大きな課題

8月18日災害調査は続く。今日は府中市で楢崎まさみちとともに。木材加工店や板金屋、電気屋など業者の方、床上浸水の被害で数百万円のリフォーム代のかかったお宅など伺った。生活再建支援金や災害救助法の応急修…

広島市東区で宣伝、そして世羅町の被災状況調査に

8月17日お盆休み明けスタートは中国ブロックいっせい宣伝。広島市から悲願の県議誕生をと、先日東区から立候補を決意した村上あつ子現広島市議、そのバトンタッチをと決意した、きせこうへいさんとともに広島駅北…

岡山・広島(グループ補助金のレク)で活動しました

8月8日、広島・岡山を行ったり来たりの一日。午前中は岡山市北区で小集会と駅前での街頭宣伝。被災者へのお見舞いと願いに背く政治の転換を呼びかけた。夜は瀬戸内市で小集会。40代の子育て世代の皆さんとこれか…

核兵器禁止条約の批准を求める声に安倍政権は謙虚に耳を傾けるべき

73回目となる8月6日。あらためて被爆者から核兵器がもたらす残虐さをつきつけられた。そして核兵器は一日も早くなくすべきだという当たり前の願い、被爆者が安心して暮らせるよう必要な支援をという当然の要求に…

広島県庄原市で20・30歳代の青年が入党

7月30日、今月もあと2日。7月を終えるラストスパートで庄原市へ。20代、30代の女性お二人と職場の問題からこの国の未来について大いに語りあい揃って入党を決意。「『平和と民主主義を守る』って親も言って…

豪雨被災地を訪問調査 国や自治体からの支援強化に全力を

7月22日、 午前は三原市、寺田元子市議とともに木原6丁目へ。いまだに断水している地域で、宣伝カーに浄水場で入れてきた10リットルの給水パック20袋を積んで。寺田市議が「ボランティアです。飲料水をお持…

広島県竹原市の被災地を訪ね 要望を伺う

7月19日広島県竹原市へ。松本進市議とともに。死者が一人出た港町で60代のご夫婦のお話。「土石流が堰堤をもなぎ倒し、その砕けたアスファルトもろとも流れ、それらが我が家の壁を突き破り屋根が落ちた。真っ暗…

10 / 22« 先頭...89101112...20...最後 »