県別アーカイブ [ 岡山 ]

“きらり・未来”すみより聡美

4人全員の当選で総選挙への弾みにいよいよ倉敷市議選挙です。倉敷市内に日本共産党の風を起こすため、宣伝や対話に全力で取り組んでいます。倉敷市は私の地元です。年末には、地元中島地域をたぐち明子市議と前市議…

“きらり・未来” すみより聡美 岡山民報1月10日

岩国米軍基地は中国5県の問題 

いよいよ総選挙の年が始まりました。

 12月は、岡山市中区の支部のみなさんと、大いに宣伝に取り組みました。27日は氏平三穂子県議と〝中区ハンドシェイクキャラバン〟と銘打って…

環境を守る自然エネルギーへの転換を

先日松江市に伺い「島根原発の稼働許さず原発ゼロの日本へ」を改めて決意。今年は第6次エネルギー基本計画策定の年。現計画では2030年度の電源別発電量割合は再エネ22~24%。実は再エネは今すでに20%。…

女性のひろば2月号で刺激受ける

『女性のひろば』2月号一気読み。「まるごとSDGs」に刺激受け。意思決定の場に女性の登用を。「おっさんたちがこの社会で決定権を独占し、原発や石炭火力に固執し、再生可能エネルギーに背を向ける」(伊与田昌…

激戦~倉敷市議選の支援に~

1月9日寒風吹きすさぶ倉敷市。目前に迫った倉敷市議選の応援へ。私は児島の末田まさひこさんと旧倉敷のたぐち明子さんの地域に。党倉敷市議団はPCR検査センターを設置させ市独自の業者支援策を実現。学校給食調…

原爆イネを育て継ぐ(しんぶん赤旗1月6日)

1月6日付赤旗の「原爆イネを育て継ぐ」。栃木県の上野長一さんの思いと取組に感動。当時長崎で被爆した稲穂を分けてもらい今も育てていると。放射線の影響で8割が実のない緑色のモミ「不稔」として育つんだそう。…

コロナ感染拡大防止対策でやるべきことは

私たちはPCR検査を増やせと言い続けてきたが、いろんな理由をつけてはそれを拒んできた政府。しかし感染拡大が止まらない現状と何より検査数が人口比で見て世界で149番目の少なさという事実はどんな言い訳も通…

2021年01月05日

いきいきニュース新年号

大平いきいきニュースの新年特別号が出来ました。2021年の新春宣伝などで配布されることになっています。印刷して配布も可能です。拡散してください。(スタッフ) #比例は日本共産党

中国5県県議団長政令市議団長決起集会(オンライン)

12月27日、中国五県の議員団長決起集会(オンライン)。県議、政令市議、県都の市議のそれぞれの団長が集結。コロナやそれぞれの地域の国政課題を紹介しながら総選挙勝利の決意を語りあった。市議選を控える倉敷…

しんぶん赤旗日曜版新年号 東日本大震災を乗り越えて

しんぶん赤旗日曜版新年号。第2部のメイン記事に泣けた。津波で妻・母を亡くした岩手県陸前高田市の熊谷一家を9年ぶりに訪ねた。苦しみを抱えながらそれぞれが懸命に生きている姿に感動。ぜひ一人でも多くの人に読…

1 / 1812345...10...最後 »