活動日誌

大分で学校現場のいまを考える

今日はめずらしくブロック外のとりくみ。九州は大分県へ。教職員後援会のつどいに呼んでいただきました。簡単に国会報告をおこなったのち、参加者から学校現場のいまの実態についての交流。「『芯の通った学校組織』…

学校現場で頑張る方たちに心を揺さぶられて

教育のつどいin岡山に参加。初日から目からウロコが何枚も落ち、心を揺さぶられ、感動の連続でした。「人を育てるとは、大人になるとは」「小学校英語教科化の問題点」「世界史を学ぶ意味」などについての解明や、…

教育無償化について若者の議論を傍聴

憲法審査会海外調査からの帰国後、最初の仕事も憲法問題でした。日本青年会議所が主催する「オールスター憲法討議会」に、自民、民進、維新各党の国会議員とともに参加しました。テーマは「教育の無償化を憲法に明記…

憲法審査会、文科委員会で登壇

今週は、水曜日の文科委員会での政府法案に対する修正案の提案、木曜日の憲法審査会での意見表明、今日の文科委員会での参考人質疑と政府質疑と、登壇の機会が重なりました。文科委員会は給付型奨学金法案の質疑。「…

切実な声を国会へ

連日いろんな方がやむにやまれぬ思いをかかえて、国会にかけつけて来られます。昨日は広島県保険医協会の皆さんが医療や介護の負担軽減などを、今日も広島から保育園や学童保育で働く皆さんが処遇の改善などを、うっ…

私学助成の増額と教育費の充実を

今日は「私学の学費負担解消を求める院内集会」がおこなわれました。全国から550万筆の署名の提出とともに。私も参加し、あいさつしました。     &nb…

若い世代の実態を国会へ―高知

昨日は、奨学金問題を考える若者たちのつどいのために、はじめての高知県へ。「700万円の奨学金をかかえることになる。返済を考え、採用が厳しい本来やりたかった進路をあきらめた。これでは一体何のために大学に…

子どものための教育実現への思いを受けて

今日は、教育関係の集会や要請行動がたくさんおこなわれた一日でした。公立小中学校の先生たちの行き届いた教育を、の思い。私学の高校生や親御さんたちの私学助成増額を、の思い。民青・学生の皆さんの学費値下げ、…

各分野でエール交換

今週、道理のない臨時国会会期延長に怒りの声をあげつつ、各分野のみなさんとの懇談やエール交換をおこなっています。月曜日は、若者の就職保障と働くルール確立の中央集会。全国から集まった大学生や高校教員の皆さ…

学校施設整備、通級指導教室の教員配置で政府を追及

今日は文部科学委員会一般質疑。学校施設整備と通級指導教室の問題を取り上げました。鳥取市のある小学校のぼろぼろの校舎や古いトイレの写真も示しながら、老朽化対策・改修のための予算措置は急務だとせまりました…

1 / 512345