県別アーカイブ [ 広島 ]

黒い雨裁判国が控訴 ~今までの調査は何のため~

8月12日「関係者も高齢化し、記憶も薄れつつある」(加藤大臣)――寄りそっているようで全く寄りそっていない。リスペクトゼロ。大臣、原告の証言を本当にお聞きになられましたか?記憶は鮮明であり明確に黒い雨…

黒い雨裁判国は控訴するな 急ぐべきは補償と救済

8月8日「新たな科学的知見がない」というが、判決は原告84人の証言と診断書を否定できる事実は見つからなかったと断言。さらに政府が線引きの根拠にした「宇田雨域」の区域外にも黒い雨が降ったことが「確実に確…

じゃけー共産党 大平・小松時事対談 第5回目

8月7日、終日、いつもお世話になっている小松泰信さん(岡山大学名誉教授)と広島でともに行動。午前は長崎市出身でもある先生と平和公園・原爆ドームへ。先生のご実家のお話も伺いつつ献花と黙とう。正午からはラ…

広島原爆犠牲者慰霊祭に先立ち献花

75年目の8月6日、8時15分はこの場所から黙とう。核兵器のない世界の実現を誓って。それに先立ち日本共産党代表団で献花。核兵器禁止条約に昨日一気に3カ国が批准。これで43カ国に。あと7カ国で発効される…

韓国人原爆犠牲者慰霊祭に参加しました

8月5日第51回韓国人原爆犠牲者慰霊祭に参列。原子爆弾投下は多くの日本人とともに2万数千人もの韓国人の命も奪った。先日お話を伺った韓国人被爆者の李鐘根さんの姿も。李さんら、必死の思いで生きのびた方たち…

広島県へ第5次申し入れ~コロナ対策・GOTOトラベルなど~

7月4日広島県へ第5次申し入れ。辻つねお県議らとともに。県がPCR検査を1日あたり1780件できるよう予算を確保し積極的に検査を行う体制をとろうとしていることを激励しつつ、危機感を共有し一刻をあらそっ…

入党のお誘いはあらためて生き方を考える場

7月31日、一昨日、広島市安佐南区で30代の男性Kさんに入党のうったえ。とてもうれしい決意をしていただいた。彼が話の中でこんなことを言われた。「自分はコミュニケーションも苦手だし、仕事も続かないし、共…

「黒い雨」裁判全面勝利

7月29日「バンザイ!」――原告、弁護団、支援者の皆さんとともに喜びを爆発させた。涙と笑顔があちこちで交錯しながら。「黒い雨」訴訟、全面勝訴。原告ら全員を被爆者と認め被爆者健康手帳の交付を命じるととも…

中四国防衛局へ申し入れ ~米軍基地の日本人従業員PCR検査~

7月28日中四国防衛局へ申し入れ。広島・山口の国政候補、県議らと。岩国をはじめ米軍基地内で発生している新型コロナウイルス感染拡大問題に関して。感染状況の公表、岩国基地所属の陽性者による羽田空港での虚偽…

党創立98周年記念講演で感動したこと

7月23日党創立98周年記念講演で感動したことメモ①。 「ウイルスが哺乳動物において胎児を保護する役割を果たす可能性さえ示唆する」――ウイルスなしには人間も哺乳類も存在できない。ウイルスは数十億年の歴…

3 / 2812345...1020...最後 »