テーマ別アーカイブ [ 憲法・人権 ]

核兵器禁止条約署名開始一周年の原爆ドーム前集会に参加

9月15日核兵器禁止条約署名開始一周年の原爆ドーム前集会。条約発効にむけせめぎ合いの情勢。被爆地ヒロシマから「核兵器のない世界を」の圧倒的な世論をつくりだそうと参加者一同、あらためての決意。集会後はそ…

岩国市議選支援に全力投球

9月14日再び岩国市。長岡たつひさ市議予定候補と終日街頭からうったえ。長岡さんは43年間岩国で中学校の先生として「子どもたちの笑顔あふれる学校を」とがんばってこられた方。今度は市民の笑顔あふれる岩国市…

岩国市「愛宕山見守りのつどい」225回目に参加し激励

9月11日、岩国市「愛宕山見守りのつどい」へ。今日で225回目。会を発足して10年。雨の日も猛暑の日も、毎月1のつく日に集まり、「私たちの心のふるさと、愛宕山を守れ」と声を上げ続けてきたみなさんにあら…

真備町の被災者支援センターを訪問激励

9月9日の玉島のつどいでも「いま実際に何で国民の命が奪われているのかといえば自然災害。政治は有事より自然災害を優先して対策を強化してほしい」「ミサイルより被災者支援にお金を使ってほしい」などの声が。全…

元文部科学省事務次官前川喜平さんの講演会に

9月6日岡山で、元文部科学省事務次官の前川喜平さんの講演会があり、初めて聞きにいった。現職時代、文部科学委員だった私は、委員会などでご本人と直接相対する機会こそないものの、文科省とは多くの問題で論戦を…

被災地を再度訪問し、生活再建を後押し

9月3日もうすぐ発災から2カ月。あらためて被害の大きかった熊野町川角、坂町坂西、小屋浦へ。凄まじい光景にやはり言葉がでてこない。全国一土砂災害危険箇所の多い広島県でどのように県民が安心して暮らせる町を…

呉市支援センターが開設 被災者訪問で要望を聞き取り

9月2日、呉市の共産党による被災者支援センターが今日から開設。組にわかれて天応地域など被災地を総訪問し、お見舞いとお困りごとなど伺いながら、支援制度を知らせるとともに制度拡充の力にしていく。私たちの組…

西日本豪雨災害で広島県地方議員と政府交渉

8月30日広島の豪雨災害問題での政府交渉。辻つねお県議、奥田かずお呉市議、土屋とものり福山市議ら地方議員の皆さんに、党広島県災害対策本部の高見あつみ本部長、田中かな事務局長とともに。今、各地でぶつかっ…

出雲市で党を知るつどい ~新しい仲間が増えました~

8月29日出雲市乙立町(おったてまち)でつどい。とってものどか。赤旗読者の方がお宅を会場にとご提供してくださった。後藤ゆみ出雲市議から県議選、参院選への支援を、私も捲土重来の決意をうったえ。「ええあん…

鳥取市議選支援と豪雨災害調査で鳥取県へ

8月27日・28日は11月に市議選がたたかわれる鳥取市で行動。現有3議席から4議席へと議席増をめざす。なんとしても勝利を、の決意で市内4カ所でつどい。どこでも党への期待が寄せられた。60代女性が「何か…

1 / 1312345...10...最後 »