エッセイ

2020年02月12日

被爆75年―特別対談(館兵器禁止条約に署名・批准する政府を)

大平 2020年の今年は被爆75年の節目の年。今年は核兵器禁止条約が成立して初めてのNPT再検討会議、そしてそれにあわせてニューヨークで原水爆禁止世界大会もおこなわれます。「あの惨劇を二度と世界のどこ…

2020年01月09日

新年あいさつ――核兵器廃絶へ前進の一年に(しんぶん赤旗1月7日付)

 今年は原爆投下から75年。5年前の国会初質問で「黒い雨」問題を取り上げた際に話を伺ったSさんが昨年の夏、亡くなりました。 黒い雨に遭い、さまざまな病気を繰り返したSさん。しかし、政府は不当な線引きを…

2017年03月15日

核兵器禁止条約の締結へ背を向ける日本政府を批判(2017年3月15日付「しんぶん赤旗」西日本版・水曜随想)

 2月8日、今国会の初質問は予算委員会、テレビでもおなじみの第一委員室にて。当選し てすぐの年に立たせてもらって以来、2年ぶりのこの場での質問でした。 2年前は文字通り の人生初質問。被爆者援護事業の…

2017年02月27日

「サフラジェット」の意思に学ぶ(民報2017年2月)

 国会活動の合間をぬって、映画『未来を花束にして』を観に行きました。1912年のロンドンが舞台で、「女性たちに参政権を」と求めてたたかう“サフラジェット”(女性参政権活動家を指す言葉として当時のマスコ…

2017年01月31日

通常国会が開会ーーまっすぐに国民の声とどける(民報2017年1月)

 1月20日、通常国会が開会しました。冒頭、安倍首相の施政方針演説と各党代表質問がおこなわれましたが、安倍首相が演説でも答弁でもひたすら力を込めるのは民進党などへの攻撃です。自分たちの都合のよい数字を…

2017年01月06日

政治を動かす力に(2017年1月6日付「しんぶん赤旗」西日本版・新年あいさつ)

 あけましておめでとうございます。 11年ぶりの中国ブロック議席奪還から2年。約40回の論戦を通じて、中国地方に暮らす皆さんの声を安倍政権にぶつけ、願い実現へ全力をつくしてきました。 そして、安倍政権…

2017年01月01日

核兵器禁止へ画期的な年に(民報2017年新年号)

 民報読者の皆さん、新年あけましておめでとうございます。 11年ぶりの中国ブロック議席奪還から2年。「平穏で安全な暮らしを返せ、米軍岩国基地の拡大強化と低空飛行訓練は絶対許さない」「地域の宝、住民の足…

2016年11月30日

一年半ぶりの憲法審査会(2016年11月30日「しんぶん赤旗」西日本版・水曜随想)

 11月17日と24日、衆議院憲法審査会がおよそ1年半ぶりにおこなわれました。「憲法制定経緯」「立憲主義」をテーマに各党、各委員が意見表明。私は「立憲主義」について、これまで歴代の自民党政権も、また自…

2016年10月20日

国民の声と実態を届ける質問を続ける(民報2016年10月)

  10月19日、5カ月ぶりとなる質問は、文部科学委員会で45分間、議員になる前からずっととりくんできた学費・奨学金問題をとりあげました。その内容は私のホームページで動画も含めて載せていますので、ぜひ…

2016年10月05日

臨時国会はじまる―秋の闘い全力で頑張りぬく(民報2016年9月)

 いよいよ臨時国会が始まりました。最大の対決テーマの一つは「戦争法の発動を許さない」ということ。11月にも南スーダンPKOへ新たな任務をもっての派遣が予定されています。南スーダンでは今年7月にも大規模…

1 / 41234